フィールド調査(インドネシア・スラウェシ島)

地域住民の貧困、健康、環境問題の調査でインドネシア・スラウェシ島にあるゴロンタロに来ています。愛媛大学の科研費プロジェクトの一環で、長崎大学の小松先生とゴロンタロ大学の研究者数名との共同研究です。

住民の所得は思った以上に低く、健康問題や地域環境の劣化は貧困に起因する側面が大きそうです。1週間の調査で、この研究の出口までの道筋をつけたいと思っています。

調査に協力していただいているゴロンタロ大学の先生方と学生さん達、ありがとうございます!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中