学生

現在所属している学生(学内・学外)

大学院

  • 夏 吾太(シャ・オタル)
    • 滋賀大学経済学研究科・博士後期課程
    • 研究テーマ・業績
      • 環境保全型農業の普及による生態系保全の経済分析
      • 夏吾太・田中勝也(2015)「中国の生態系サービス支払におけるスリップ効果 − 退耕還林政策における分析事例 −」『環境システム研究論文集』 第43巻.
  • 胡 笳(コ・カ)
    • 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科・博士後期課程(滋賀大学環境総合研究センター・プロジェクト研究員)
    • 研究テーマ・業績
      • NPO活動を通じた地域活性化の分析
      • 胡笳・田中勝也・松岡俊二(2017)「日本のNPO活動水準を規定する組織要因と地域要因の分析」『ノンプロフィット・レビュー』.
  • 覃 子懿(チン・シイ)
    • 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科・博士後期課程(滋賀大学環境総合研究センター・プロジェクト研究員)
    • 研究テーマ
      • ソーシャル・キャピタルの決定要因および地域社会への影響

学部

  • なし(次年度より開講予定)

 

過去の所属学生

大学院

  • 張 馨心(滋賀大学大学院経済学研究科・博士前期課程修了)
    • 研究テーマ・業績
      • Kim, Y., K. Tanaka, and X. Zhang (Forthcoming) “A Spatial Analysis of the Causal Factors Influencing China’s Air Pollution” Asian Journal of Atmospheric Environment.
  • 金 柔美(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科・博士後期課程修了)
    • ソウル国立大学アジアセンター・研究員
    • 研究テーマ・業績
      • 国際環境条約の有効性に関する定量分析
      • Kim, Y., K. Tanaka, and S. Matsuoka (2017) “Institutional Mechanisms and the Consequences of International Environmental Agreements,” Global Environmental Politics 17(1):77-98.
      • 金柔美・田中勝也・松岡俊二(2012)「国際環境レジームの有効性に関する定量分析:長距離越境大気汚染条約(LRTAP)を事例として」『環境情報科学学術研究論文集』26号.
  • Nurul Jannah(広島大学大学院国際協力研究科修了)
    • ボゴール農業大学・講師
    • 研究テーマ・業績
      • 企業の環境情報開示に関する経済分析
      • Jannah, N., K. Tanaka and S. Matsuoka (2007) “Firms’ Environmental Compliance and Capacity Development: Empirical Findings from the Environmental Performance Rating Program in Indonesia,” Journal of Environmental Information Science, 35(5):1-10.
  • Bui Duc Kinh(広島大学大学院国際協力研究科修了)
    • ベトナム社会科学院南部持続的発展院(Southern Institute of Sustainable Development)・研究員
    • 研究テーマ
      • ベトナムにおける安全な飲料水供給の地域的影響

学部(他ゼミ所属の卒論指導学生)

  • 京井尋佑 (森宏一郎ゼミ2016年度卒業)
    • 京都大学大学院農学研究科博士前期課程
    • 卒論テーマ・業績
      • 環境保全型農業の空間偏在に関する空間計量経済分析
      • 京井尋佑, 田中勝也(2017)「滋賀県における環境保全型農業直接支払交付金の空間偏在と生態学的影響」第64回日本生態学会大会(2017年3月14-18日, 早稲田大学)
  • 山下英輝(森宏一郎ゼミ2016年度卒業)
    • ヨーク大学環境学部修士課程進学予定
    • 卒論テーマ・業績
      • 環境保全型農業の普及要因に関する研究
      • 山下英輝, 田中勝也, 藤井吉隆, 八木洋憲(2017)「環境直接支払における農家の採択要因の再考」日本農業経済学会2017年度大会(2017年3月28-29日, 千葉大学)
  • 萬代美喜恵(森宏一郎ゼミ2016年度卒業)
    • 卒論テーマ・業績
      • ペット同行避難のあり方に関する研究
      • 萬代美喜恵, 田中勝也, 奥田順之, 濱野佐代子(2017)「ペットの共生に関する調査から考察する同行避難のあり方」ヒトと動物の関係学会第23回学術大会(2017年3月4-5日, 東京大学)
  • 稲本大輝(森宏一郎ゼミ2016年度卒業)
    • 卒論テーマ・業績
      • 地域の災害対策とソーシャル・キャピタル
      • 田中勝也・稲本大輝(2017)「災害リスクと地域の備え:高リスクなのにソフト・ハードな備えが不十分な地域はどこか?」GISコミュニティフォーラム2017(ポスター展示).
  • 長廣修平(梅澤直樹ゼミ2014年度卒業)
    • 卒論テーマ・業績
      • 滋賀県の森林多面的機能の価値評価: 近畿 3 府県での事例
      • Nagahiro, S. and K. Tanaka (2015) “Estimating the Values of Forest Ecosystem Services Using Inferred Valuation” FORMATH 2015.
広告